Loading

自動車部品用焼結合金

用語

VVT:Variable Valve Timing(可変バルブ機構)
EGR:Exhaust Gas Recircuiation(排ガス再循環装置)
VGT:Variable Geometry Turbo(可変容量ターボ)

自動車部品用焼結合金

VVT ASSY

VVT(可変動弁部品)

VVT(可変動弁部品)

自動車部品用焼結合金

自動車部品用焼結合金

自動車部品用焼結合金

自動車部品用焼結合金

自動車部品用焼結合金

自動車部品用焼結合金

特長

大量生産によるコスト削減に適した自動車部品用焼結合金です。
①高精度金型を使用することによりニアネットシェイプ素材が製造可能です。
切削加工低減によるトータルコスト削減が可能になります。
②2部品以上を一体化することによりアッシー(ASSY)費の削減が可能になります。
③大量生産によるコスト削減が可能になります。
④材料の調合により無限の材料が創作できます。
・切削より量産に適した製法でありながら、三次元複雑形状の高精度部品が製造可能です。
・溶解合金には無い複合材料を可能とし、材料の更なる最適化が図れます。
・材料の無駄を防ぐ製法のため、環境性に優れます。

用途

  • 車載機器部品
  • SUS焼結部品

    ・VVT用焼結部品:鉄系の高強度機械部品を使用
    ・EGR用焼結部品:SUS系の特殊合金部品を使用
    ・VGT用焼結部品:鉄系の高強度機械部品を使用

  • その他産業機械、輸送機械など幅広く使用されている焼結部品

(より具体的な用途)

  • オイルポンプローター
  • 可変動弁部品
  • スプロケット
  • プーリー
  • ハウジング
  • 各種オイルポンプローター
  • プレートインターロック
  • クラッチハブ
  • ステアリング
  • ミッション部品(ATMT)

FAQ

どの材料でも焼結可能ですか?
鉄系、銅系、SUS系を中心に溶解材料とは違った複合材料の製造が可能です。
納入はどこでも可能ですか?
国内、海外どこでも納入可能です。
焼結部品に適した部品かわからないのですが。
一度ご相談ください。場合によっては、他の製造方法(ロストワックス、深絞り、ダイカスト、MIMなど)でのご提案も可能です。
焼結部品は数量が多いほどコストが安くなると聞きますが、少ない場合はどうでしょうか?
一般的には数量が多いほどメリットが出ますが、一度ご相談ください。
薄肉での焼結部品は可能でしょうか?
形状によりますので、一度ご相談ください。
製品についてのご相談はこちらから お問い合わせメールフォーム
ページの先頭へ戻る