Loading

コンタクトバック工法(地山プレロード工法)

資料

コンタクトバック工法カタログ

関連製品名

コンタクトバック工法

コンタクトバック工法-01

コンタクトバック工法-01

コンタクトバック工法-02

コンタクトバック工法-02

特長

コンタクトバック工法とは、トンネル掘削時の地表面沈下を抑制する地山プレロード工法です。
地山と鋼製支保工との隙間部分に布製の充填袋を設置し、その袋に高流動超速硬モルタルを充填することで、地山と鋼製支保工の一体化を図り、スムーズにかつ早期に地山荷重を鋼製支保工に伝達させ沈下抑制に効果を発揮する工法です。

用途

  • 沈下抑制
  • 地山のゆるみ防止
  • 支保工と地山の密着
  • 空隙重填
製品についてのご相談はこちらから お問い合わせメールフォーム
ページの先頭へ戻る