Loading

鋳造品(精密鋳造・ダイカスト・グラビティ)

用語

精密鋳造法とは:金型で射出成型したワックスパターンを元に鋳型を作成し鋳造する技術で、ロストワックス法とも呼ばれます。
従来の砂型鋳造法と比較し、寸法精度、外観、表面状態に優れた鋳物が製造可能です。

ダイカスト法とは:おもにアルミ合金を溶解して、溶湯を金型に圧力をかけて鋳造する方法です。

グラビティ法とは:おもにアルミ合金を溶解して、溶湯を金型に自重の力で鋳造する方法です。

特長

神奈川オフィスでは、精密鋳造品をメインにアルミダイカスト製品や同グラビティ製品、更に一部鍛造品まで幅広い工程で、お客様のニーズにお応えします。
また調達先も、お客様のニーズに合わせ海外メーカー(中国、東南アジア)・国内メーカーからと多岐のソースをもっており、その後の機械加工や熱処理にも対応させていただき、コストと品質を両立させた体制を整えています。

用途

  • 精密鋳造品(ロストワックス法)

    ・炭素鋼・ステンレス・真空合金など
    ・自動車部品(EGR用部品・ターボ部品・ディーゼルエンジン部品など)
    ・農機具・一般産業用部品など

  • ダイカスト製品

    ・ダイカスト用アルミ合金全般
    ・自動車部品など

  • グラビティ製品

    ・鋳造用アルミ合金全般
    ・自動車用インタークーラー部品、排気系部品など

FAQ

精密鋳造品はどんな材質に向いていますか?
基本的にはほとんどの材質に対応可能です。ただし、銅系の材質は管理を非常に厳正にしなくてはいけないこともあり、状況によっては対応できないことがあります。
それぞれの良い面・悪い面を簡単に教えてください。

1)精密鋳造(ロストワックス)
金型の費用は比較的安く済みますが、工程が非常に長いため、時間を要します。

2)アルミダイカスト
金型に直接アルミを成形するので寸法精度が高く工程が短いため、一番量産性があります。ただし、金型に圧力を掛けるため、圧力に耐える金型が必要となりイニシャルコスト(初期費用)がかかります。

3)グラビティ
金型に直接アルミを自重の圧力のみで鋳造する工法で、工程が短く量産性もあります。ダイカストに比べて金型費等のイニシャルコストは安くなりますが、鋳肌面・寸法精度は劣ります。

鋳造品(ロストワックス)

鋳造品(ロストワックス)

製品についてのご相談はこちらから お問い合わせメールフォーム
ページの先頭へ戻る