Loading

試作樹脂射出成型用金型(QDM)

関連製品名

射出成形用金型および関連製品(コールドタイプ・ホットランナータイプ)

用語

QDM(Quick Delivery Mold):従来の試作金型、準金型、アルミ金型、簡易金型とはプロセスのスピード感が異なります。

特長

  • QDM(Quick Delivery Mold)の最大の特徴は金型試作品の短納期対応にあります。

    通常7日〜10日間で金型を製作することで実際に使用される熱可塑性樹脂の特性、製品の機能、強度、耐環境性などをリアルに検証することが可能になります。コスト面においても短納期→省工数→低コスト、という対応になります。

モールド・インサート成形品サンプル

SUS + モールド・インサート成形品サンプル

SUS or マグネシウムモールド・インサート成形品サンプル

TPU + モルド + ナットインサート成形サンプル

用途

  • 早く、安く、ほんものと同じ試作品が欲しい  <短納期化>
  • メタル⇒プラスチックにしたい(材料の検証)  <強度、重量の検証>
  • 新しいデザイン・材料品を既存工程で生産したい  <耐環境性の確認>
  • 防水機能を担保したい  <超音波溶着 or テープ、接着の検討>
  • 新しい材料を使ってみたい  <耐薬品性、耐候性の担保>
  • 新しい機能を検証したい  <クリック感等のチェック>
  • 量産前に設計品質を検証したい  <組立性 etc の事前検討>
  • 新製品発表を早めたい  <疑似リリース製品の作成>
  • データ検証を促進したい  <製品試験の加速化>
  • 市場メインテナンスに対応したい  <修理サポート品対応>
  • 量産ベンダーの選定条件を確保したい  <必須生産条件の洗い出し>

用途具体例

  • ・自動車用部品
  • ・医療用機器
  • ・OA機器

 etc...

FAQ

金型製作がなぜ短納期で製造可能なのですか?
金型材料として特殊なアルミ合金を使います。加工し易いというメリットがあります。
ただし、成形ショット数には制限があります(2000ショットまでは保証)。さらにお客様の3D設計データをシームレスにつなげ流動解析、金型設計、加工データ、などを短期間で行います。また、金型設計→部品加工→金型組み立て→成形、の工程が1か所にありますので極めて効率よく作業が進みます。
どんな成形材料が使えますか?
熱可塑性のプラスチック材料であれば、どんな材料でも成形ができます。ナイロン系から高温成形が必要なLCP、PSF(ポリサルフォン)まで各種材料の実績があります。材料については当社での調達、お客様からの支給、どちらでの対応も可能です。
金型はどのような構造となっているでしょうか?
ほとんどの場合、通常の金型と同一の構造でできています。
このためスライド、インサート、2色成形など量産で使用される金型と同じ条件での検討ができます。
量産の樹脂成形品・金型のご対応は可能でしょうか?
量産樹脂成形品・金型につきましてもご対応可能です。
コールドタイプ・ホットランナータイプの金型・熱可塑性樹脂・一部の熱硬化性樹脂成形品もご対応可能です。
下記URLにてご確認を頂きたく存じます。
http://www.mmtc.co.jp/ja/products/injectionmold.html
そのほかに特色はありますか?
当社は機構設計のエンジニアリングをベースにしています。そのためお客様の設計データと実際の金型の整合性について各種のアドバイスをさせていただくことも可能です。
また、実証性について未確定要素のある製品の成形条件検出等未開発分野にも、積極的に取り組んでいます。
製品についてのご相談はこちらから お問い合わせメールフォーム
ページの先頭へ戻る