沿革

1947

5月 三菱鉱業株式会社(現在の三菱マテリアル株式会社)の子会社として、
菱光産業株式会社を設立し主として同社の所用諸資材の代理購入及び損害保険代理業を開始

1962

3月 建設業法に基づく建設大臣の登録承認を受け、建設部門の充実をはかる

1989

12月 シンガポール支店を開設

1995

12月 ソウル支店を開設

1996

3月 当社サービス関連子会社を合併し、菱光サービス株式会社とする

1999

4月 バンコクに現地法人RYOKOSANGYO(THAILAND)CO.,LTD.設立

2001

4月 三光マテリアル株式会社を吸収合併

2003

10月 合同金属株式会社を吸収合併

2004

4月 上海事務所を開設
神奈川支店にてISO9001の審査登録
12月 大阪支店にてISO9001の審査登録
姫路支店にてISO9001の審査登録

2005

9月 全社でISO14001の審査登録

2006

9月 パース支店(現:豪州支店)を開設

2007

1月 株式会社マルセ商会を吸収合併
8月 株式交換により三菱マテリアル株式会社の100%子会社となる

2011

3月 シリコンパーツグループにてISO9001の審査登録
9月 ハノイ事務所を開設
10月 福岡支店にてISO9001の審査登録
長崎営業所にてISO9001の審査登録

2013

4月 インドネシアに現地法人PT. RYOKO SANGYO INDONESIA設立

2014

7月 三菱マテリアルトレーディング株式会社に社名変更

2020

4月 台北事務所を開設