貴金属粘土「PMC」

PMC(Precious Metal Clay)は、1991年に三菱マテリアル株式会社が世界で初めて開発した貴金属粘土(PMC)です。

PMCは、金或いは銀を含んだ主にアクセサリー製作用途の材料で、「自分の手で金属を加工できる」特徴のあるものです。

金カード・銀粘土

特長

貴金属粘土PMC(Precious Metal Clay)

純銀粘土(PMC)は原料の純銀粉末を細かく均一にすることで、600℃から900℃という幅広い範囲で焼成することが可能です。
自分でデザインでき焼成後の作品も強度及び光沢が得られます。また、幅広い範囲で焼成できることから、電気炉だけでなく、スターターキット(固形燃料を熱源に使用)、ミニパン(ガスコンロを熱源に使用)、ハンディガスバーナーなどの簡易焼成で手軽に作品作りを楽しめる製品です。
製品ラインナップや取扱い説明書はFAQをご覧ください。

用途

PMC Flex
作品例「さやえんどうペンダント」

オリジナルシルバージュエリー、アクセサリー

製品仕様・概要

粘土状態から、造形→乾燥→焼成→研磨することで、銀色に輝く純銀作品ができます。(工程一例)
この製品に関するお問い合わせ
会社代表03-3660-1653
受付時間:
  • 10:00~17:00(土日祝、当社休日は除く)
東京以外のお問い合わせ先はこちら
仙台支店:022-265-1180
秋田営業所:018-823-2789
名古屋支店:052-222-5721
福岡支店:092-722-1500
大阪支社:06-6881-2823